Akane Ikeno

sports journarist and ...?

, …

【観戦記】カデルエヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース2020

【観戦記】カデルエヴァンス・
グレートオーシャン・ロードレース2020

こんにちは、オーストラリア・メルボルン在住のスポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

1月19日(クリテリウム)~26日までアデレードで開催されたサントス・ツアー・ダウンアンダー(以下:TDU)についての記事が、先日cyclowired(@cyclowired_jp)で公開されました。

この記事は、これらの続きといえるものです。
TDU後にメルボルンへ引っ越し、レース・トーキー(1月30日)とカデルエヴァンス・グレートオーシャン・ロードレース(2月2日、以下:カデルエヴァンスGORR)、ジャイコ・ヘラルドサンツアー(2月5日~9日、以下:ヘラルドサンツアー)を観戦しました。

今回は、カデルエヴァンスGORRに絞って観戦記をお届けします。

1~2月のオーストラリアでのロードレース観戦、本当におすすめです!

1~2月のロードレース観戦@オーストラリアがおすすめな6つの理由

スタートには間に合ったものの遅刻

家族総出で選手を応援しに来る地元の観客も多数。

カデルエヴァンスGORRは、実は寝坊+αで予定の一時間遅れでジーロング(スタート/フィニッシュ地点)に到着。
“+α”はレンタカーの予約に関するトラブルでした(ついでに言うと、望遠レンズを忘れる大失態も)。

数日前のレース・トーキー後、Team Ineosがヴァシル・キリエンカ(BLR)の引退を発表。
彼の穴を埋める選手としてTeam Ineosに電撃加入したキャメロン・ワーフ(AUS)の初陣となったのが、まさかのカデルエヴァンスGORRでした。

ギリギリに到着したのでチームプレゼンテーションは後半数チームしか見れませんでしたが、Team Ineosには間に合いました。

予定観戦ポイントのうち観戦できたのは半分!

引用元:大会公式サイト

カデルエヴァンスGORRは、レンタカーで観戦しました。
メルボルン・サザンクロス駅(長距離列車が停まるターミナル駅)のレンタカー屋さんからジーロングまで、休憩なしで約90分。

レンタルしたのは、日産のQASHQAI(キャシュカイ)。
日本では製造終了していますが、DUALIS(デュアリス)の名で販売されていた車種です。
海外メーカーの車も大きく乗り心地に違いがあるわけではありませんが、実家がずっと日産車なので気持ち的にも安心して乗れました。

全長171kmのコースで観戦予定を立てたのは、次の5ヵ所。

濃紺は観戦できた場所、水色は観戦断念した場所。
  1. Geelong(ジーロング、スタート/フィニッシュ地点)
  2. Barwon Heads(バーロンヘッズ、25kmあたり)
  3. Torquay(トーキー、45~50kmあたり)
  4. Bells Beach(ベルズ・ビーチ、55kmあたり)
  5. Moriac(モリアック、82kmあたり)
  6. ジーロング

最初からすべての観戦ポイントを周れるとは思っていません。
どうせ予定通りに事は進まないので、多めに観戦ポイントを決めておけば予定が頓挫したときにすぐ次の場所に移れるのがメリット。
刻一刻とプロトンが進んでいくレース中に観戦予定を組みなおすのは、非常にもったいないことです。

カデル・エヴァンスと集団を見送ってからトーキーへ

ジーロングをスタートする新城幸也(JPN/Bahrain McLaren)

最初に向かう予定だったバーロンヘッズは、スタートからおよそ25kmのところ。
チームプレゼンテーションを見つつスタートもがっつり見送ってしまったため、この時点でバーロンヘッズ(40km/h換算で所要時間は約38分)に間に合うかはかなり微妙。
スタート直後で集団のペースが読めないこともあって、早々にバーロンヘッズでの観戦は諦めました。
これについては、完全にスタートを見届けたのが失敗だったと思います。

レース開始前に国民食・ベジマイトのジャージでパレードランしたカデル・エヴァンス。
彼の後ろにはキッズライダーたちがいました。

次に向かったのが、トーキー。
数日前のレース・トーキーのトーキーですが、観戦ポイントは別の場所です(ただし、観戦ポイント自体はレース・トーキーと重複)。

トーキーはグレートオーシャンロードの入口といわれる街で、選手たちは海沿いを走ります。
今回海が見える観戦ポイントは3ヵ所選んでいましたが、バーロンヘッズは見送ったしベルズ・ビーチも確実に観戦できるとは限りません。
そのため、トーキーでも撮れ高を残すべく、海とともに写真を撮れそうな場所を模索しました。

トーキーの海。この日は天候に恵まれました。

とはいえ、いい感じの場所を見つけたと思って選手たちの到着を待っていると、オーストラリア国旗を持った父娘が登場。
このあと海沿いの写真を撮る可能性をベルズ・ビーチに残していたので、海の写真はそちらに可能性を託して彼らを撮影することに。すぐに選手が来たのでそのまま撮影を済ませ、次の観戦ポイントのヘルズ・ビーチへ向かいました。

青々とした海はこの右側。グレートオーシャンロード感はゼロ。

交通渋滞で海沿いでの観戦を断念

この日の相棒・日産のQASHQAI。シルバーです。
海外で初の一人運転だったので、車内は音楽もラジオもかけませんでした。

計算上はギリギリ間に合うか微妙でしたが、海と選手の撮れ高欲しさにヘルズ・ビーチ行きを強行。
しかし、ここで交通渋滞に巻き込まれます。
渋滞の理由は、スポーツイベント(カデルエヴァンスGORR)開催中だから。

モリアックを走る集団(3本のポールがめっちゃ邪魔)

カデルエヴァンスGORRを理由にした渋滞なので、さすがに文句は言えません。
元々タイトすぎるスケジュールだったので、右足がブレーキを踏む時間が長くなるにつれてヘルズ・ビーチを断念。
対向車が来ないタイミングでUターンして渋滞の列を抜け、次の観戦ポイント・モリアックに向かいました。

ちなみにモリアックは、海沿いのコース以外でも観戦したいと思って組み込んだ観戦ポイント。
コースマップを見ても明らかな通り海には面していないし、Google Mapで観戦ポイントを選定したときも、正直なところなんとなくで決めました。急ぎで車を走らせたところ、目的地に到着。
先述の通りかなり適当に決めた場所でしたが、踏切の前がわりと雰囲気のあるところだったので、ラッキーと思いながら観戦。

ジーロングへ戻り、フィニッシュへ!

逃げていた二人がちょうどジーロングに戻ったところで合流。

モリアックでの観戦を終え、スタート/フィニッシュ地点のジーロングへ戻りました。
迂回路を利用して戻ったところ、逃げていた二人がジーロングに着いたのとほぼ同時刻に到着。
このあとはジーロングで待機し、スマホでレースを確認しつつフィニッシュ地点の近くで位置取りをしていました。

メイン集団最後尾でジーロングを通過する新城幸也(JPN/Bahrain McLaren)。

フィニッシュの予定時刻まで余裕があると思っていましたが、Challambra Cres(チャランブラクレセント、ベルズ・ビーチと並んで山岳?扱いになっているポイント)を観戦ポイントに組みこみ忘れたのが原因。
これは観戦予定を立てる時点でのミスです。

フィニッシュ地点がよく見渡せるいい位置に陣取っていましたが、さすがにフィニッシュになると前の観客が前のめりになったりスマホを向ける手を伸ばしたり…。
結論から言うと、優勝の瞬間はまったく見えませんでした

スマホのオンデマンドで情報を追っていたので、パヴェル・シヴァコフ(RUS/Team INEOS)とドリス・デヴェナインス(BEL/Deceuninck – Quick Step)が逃げていたのは知っていました。
実況は3位集団ら後続への言及に移ったので、しばらく「誰が勝ったんだ」状態に。
最終的にわたしがデヴェナインスの勝利を確信したのは、彼を取り巻く報道陣の多さ。笑数日前のレース・トーキーもサム・ベネット(IRL/Deceuninck – Quick Step)が勝ち、チームは早くもシーズン5勝目。
ちなみにデヴェナインスの勝利がチーム通算750勝目でした。

青が映えるオーストラリアらしい大会

レースが終わると、比較的すぐに表彰式が始まりました。
カデル・エヴァンスも駆けつけ、青空のもとで無事に大会の全工程が終了。
(表彰台まで中継があったかはわかりませんが、各選手軽くインタビューを受けてシャンパンファイト、写真撮影でした)

サムネイル写真の通り、青空をバックに青いテープが舞うきれいな表彰式でした(写真では見えませんが、青い海もバックに控えています)。
テストや仕事でTDUの観戦に行けない方にも、レース・トーキーやヘラルドサンツアーと合わせてメルボルンを拠点に観戦できます。
また、せっかくジーロングやトーキーまで行ったのだから、そのままグレートオーシャンロードを観光するのもおすすめです。

【オーストラリア旅行記2017 6/8】グレートオーシャンロード編!カンガルー肉の味は?

(2017年11月にグレートオーシャンロードに行ったときの記事です。参考までに)

自転車ロードレースから外れれば、同時期にメルボルンで開催中の全豪オープンテニスとのダブルヘッダーも可能でしょう。
(わたしがレンタカーを返却したのが18:00だったので、日曜夜に開催される男子シングルス決勝の19:00にも間に合うと思います)

明日は自転車ロードレース@オーストラリア最終回として、TDUからヘラルドサンツアーまでの総括をします。
それでは!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください