Akane Ikeno

sports journarist and ...?

MARNAのShupattoが笑っちゃうほど便利だから紹介します

MARNAのShupattoが笑っちゃうほど便利だから紹介します

こんにちは、アデレード在住のスポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

突然ですが、今回はアデレードに来てからお気に入りの買い物バッグを紹介させてください。

MARNA(マーナ)の「Shupatto」(シュパット)

その買い物バッグというのが、こちら。

MARNA(マーナ)というブランドの「Shupatto」(シュパット)
上記はわたしが持っているのとまったく同じもので、色やサイズ、デザインのバリエーションはたくさんあります。

なぜわたしがこの色やサイズ、デザインを選んだかというと、もらいものだから。
厳密にいえばわたしは選んでいません。

本題から逸れるのでざっくり説明すると、ブリスベンからアデレードに引っ越す間に家族がオーストラリアに来て、一緒に観光しました。
そのときに、母方の伯父から託された(らしい)のがShupattoでした。
このデザインが正直好みではなかったので、最初は「ブリスベンでエコバッグ壊れたからちょうどいいや」程度に思っていましたが、使うとよさがわかり、今ではリュックに常備しています。

ここから、Shupattoの何がいいのか具体的に紹介します!

めちゃくちゃコンパクト

Shupatto最初のおすすめポイントは、コンパクトに折り畳めること。
この写真の状態で、直径7.5cm、高さ10cmほどの円柱サイズです。比較材料として、小さめのハンドクリームを出してみました(わかりづらい)。
あとはUNIQLOのウルトラライトダウンを袋に入れたときより、少し小さいかもしれないです。

ハンドクリーム大なので、とにかくかさばりません。スナップボタンを外して、開きます。これで二つ折りです。

とにかくめちゃくちゃ入る

ふたつめのおすすめポイントは、たっぷり入ること。
「とにかく」と「めちゃくちゃ」を重ねてしまうくらいには入ります。Lサイズなので、広げたこの状態で全長約50cm。
Shupattoホームページによれば、31.4Lと超大容量です。これだけがっつり開くので、それなりに大きめのものも入れられます。この写真でShupattoのなかに入れているのはトイレットペーパー。20ロール入りで、5ロール×2行×2段。
5ロールを横に並べるとかなり幅を取るので、リュックに立てて収納するのも不可能でした。
「まさか入らないだろう」と思いつつ試してみたら収納できたので、自分でもびっくり。トイレットペーパーを入れたときはさすがに不可能でしたが、スナップボタンが中央に付いているので、中身が少なければ閉められます。
スナップボタンの周りのピンクの紐が取っ手です。

ボディとスナップボタンや取っ手の色が違うので、中にものを詰めたあとどこに取っ手があるかすぐにわかるのもメリット。

Shupattoには種類がいっぱい

Shupatto公式サイトより

Shupattoには、わたしが持っているタイプ以外にもさまざまな種類があります。
わたしが持っているのは「コンパクトバッグ(L)」で、もっと小さいMサイズや「ポケッタブルバッグ」、保冷バッグなどなど。
「ボストンバッグ」はスーツケースの取っ手に差し込めるので、追加で購入したいくらいです。

カラーラインナップは種類ごとに違って、全種類で共通しているのはネイビーだけ。

実はリュックにもなる(非公式)

非公式ですが、リュックとしても使えるのを発見しました。笑
通学カバンを背負う中学生の要領でやれば簡単です。
ただし、スナップボタンで中央を留めても中身が落ちる可能性はあるので、やるときは自己責任でお願いします!

あと、Shupattoの耐重量はわからないので、リュックにするときは軽くて大きいものがおすすめです。
この写真のときは日本に荷物を送るための段ボールを背負っています。

Shupattoの購入はこちらから!

ShupattoはMARNAの公式オンラインショップ以外にも、Amazonや楽天、Yahoo!など各ショップで購入可能です。
ぜひShupattoを持って、快適にショッピングを楽しみましょう。

それでは!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください