Akane Ikeno

sports journarist and ...?

【Vuelta a España 2019】ETAPA16

【Vuelta a España 2019】ETAPA16

こんにちは、オーストラリア・ブリスベン在住のスポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

8/24~9/15までの間、グランツールのひとつブエルタ・ア・エスパーニャ(la Vuelta a España、以下:ブエルタ)についての記事を毎日更新中。
今日は、第15ステージのレース概要と第16ステージのコースをご紹介します。

第15ステージのレース概要

第15ステージのコースなどの情報は、こちらの記事でご確認いただけます。

【Vuelta a España 2019】ETAPA15

1級山岳4カ所が、全長154.4kmのコースで40kmおきにまんべんなく登場する第15ステージ。
何度かのアタックの末、最初の1級山岳アセボ(Acebo)の上りで逃げていたのは6人。

  • マーク・パデュン(UKR/Bahrain Merida)
  • サンデル・アルメ(BEL/Lotto Soudal)
  • ヴァシル・キリエンカ(BLR/Team INEOS)
  • マルク・ソレル(ESP/Movistar)
  • タオ・ゲオゲガンハート(GBR/Team INEOS)
  • ルーベン・ゲレイロ(PRT/KATUSHA ALPECIN)

アセボの山頂はソレルが先頭で通過。
メイン集団とのタイム差は1分半近くありましたが、30秒ほどにまで縮まりました。

さらにタイム差は縮まり、両集団は10秒差にまで接近しますが、追走の選手がメイン集団から出て逃げグループは拡大。
上記の6名に加えて下記の11名が加わり、タイム差はふたつめの1級山岳コニオ(Connio、残り81.2km)の上りで3分台に。

  • カンタン・ジョレギ(FRA/AG2R)
  • ヨン・イサギレ(ESP/Astana)
  • パウェル・ポリャンスキー(POL/BORA-hansgrohe)
  • ローソン・クラドック(USA/EF Education First)
  • スガブ・グルマイ(ETH/Mitchelton-SCOTT)
  • ベン・オコーナー(AUS/Dimension Data)
  • セップ・クース(USA/Jumbo-Visma)
  • ダニエル・ナバーロ(ESP/KATUSHA ALPECIN)ss
  • ホセ・エラダ(ESP/COFIDIS)
  • オスカル・ロドリゲス(ESP/Euskadi Murias)
  • セルヒオ・サミティエル(ESP/Euskadi Murias)

コニオはサミティエルが先頭で登頂、ホセ、ナバーロと続きました。
Jumbo-Vismaが牽くメイン集団とのタイム差は、残り60kmで4分に。

3つめの1級山岳ポゾ・デ・ラス・ムヘレス・ムエルタス(Pozo de las Mujeres Muertas、残り40.1km)の登坂が始まると、サミティエルがアタック。
ナバーロとオコーナーが追走し、サミティエルに追いつくころには14人のグループとのタイム差は1分以上に広がりました。

サミティエルがポゾ・デ・ラス・ムヘレス・ムエルタスを先頭で登坂するころには、メイン集団とのタイム差は5分43秒に拡大。
追走している14人もメイン集団同様にタイム差を縮めます。

レースの先頭では残り17kmでサミティエルがもう一度アタックし、ナバーロとオコーナーとのタイム差を広げました。
中間スプリントポイントのエル・リャノ(El Llano)を通過後の残り13kmで、ナバーロとオコーナーは追走グループに吸収されます。
しかし、追走グループから抜け出したキリエンカがサミティエルを捉え、2人でフィニッシュ地点へ。

最初に登場した1級山岳と同じ場所ではありませんが、同じアセボ(Acebo、1級)の山頂にフィニッシュします。
7.9kmの登坂が始まると、間もなくサミティエルが独走態勢に。

追走グループもメイン集団もペースを上げ、追走グループから飛び出したクースが先頭に躍り出ました。
クースを追走したソレルとゲレイロに後方から来たロドリゲスが合流し、追走は3人に。

先頭が残り6kmに差し掛かるころ、アレハンドロ・バルベルデ(ESP/Movistar)がアタック。
反応したのはプリモシュ・ログリッチ(SVN/Jumbo-Visma)だけで、総合ワン・ツーのふたりはライバルとどんどん差をつけます。

追走グループからはゲレイロが単独で抜け出し、クースを追走しました。
残り3kmを切ってゲレイロにゲオゲガンハートが、その後方のソレルとバルベルデ・ログリッチが合流します。

クースはこのまま逃げ切って自身初のグランツールでのステージ優勝を達成。
ログリッチとバルベルデはタイム差なしでフィニッシュし、総合ライバル勢で彼らの次に早くアセボに到達した、ステージ11位のミゲルアンヘル・ロペス(COL/Astana)に41秒差をつけました。

第15ステージ:ステージ順位

  1. セップ・クース(USA/Jumbo-Visma):4h 19′ 04
  2. ルーベン・ゲレイロ(PRT/KATUSHA ALPECIN):+ 00′ 39
  3. タオ・ゲオゲガンハート(GBR/Team INEOS):+ 00′ 40
  4. オスカル・ロドリゲス(ESP/Euskadi Murias):+ 00′ 53
  5. マーク・パデュン(UKR/Bahrain Merida):+ 01′ 49
  6. ベン・オコーナー(AUS/Dimension Data):+ 02′ 05
  7. ローソン・クラドック(USA/EF Education First):+ 02′ 11
  8. プリモシュ・ログリッチ(SVN/Jumbo-Visma):+ 02′ 14
  9. アレハンドロ・バルベルデ(ESP/Movistar):+ 02′ 14
  10. サンデル・アルメ(BEL/Lotto Soudal):+ 02′ 48

クースが母国開催のツアー・オブ・ユタ以外で初のステージ優勝。

パトリック・ベヴィン(NZL/CCC Team)が未出走、イェスパー・ハンセン(DEN/COFIDIS)とブライアン・ファンフーテム(NED/Lotto Soudal)がステージ半ばでリタイアしています。

第15ステージ:総合順位

  1. プリモシュ・ログリッチ(SVN/Jumbo-Visma):53h 49′ 19
  2. アレハンドロ・バルベルデ(ESP/Movistar):+ 02′ 25
  3. タデイ・ポガチャル(SVN/UAE Team Emirates):+ 03′ 42
  4. ミゲルアンヘル・ロペス(COL/Astana):+ 03′ 59
  5. ナイロ・キンタナ(COL/Movistar):+ 05′ 09
  6. ラファル・マイカ(POL/BORA-hansgrohe):+ 06′ 15
  7. ニコラ・エデ(FRA/COFIDIS):+ 07′ 14
  8. ウィルコ・ケルデルマン(NED/Team Sunweb):+ 09′ 15
  9. カールフレドリック・ハーゲン(NOR/Lotto Soudal):+ 09’44
  10. ヘルマン・ペルンシュタイナー(AUT/Bahrain Merida):+ 11′ 39

総合11位だったペルンシュタイナーがチームメイトのディラン・トゥーンス(BEL/Bahrain Merida)に代わってトップ10入り。
バルベルデ以外の選手はログリッチに対してタイムを失いました。

第15ステージ:4賞ジャージ+3

  • マイヨ・ロホ(総合首位):プリモシュ・ログリッチ(SVN/Jumbo-Visma)
  • マイヨ・ベルデ(ポイント賞):プリモシュ・ログリッチ(SVN/Jumbo-Visma)
  • マイヨ・デ・ルナデス (山岳賞):アンヘル・マドラソ(ESP/Burgos BH)
  • マイヨ・ブランコ(新人賞):タデイ・ポガチャル(SVN/UAE Team Emirates)※総合3位
  • チーム優勝:Movistar
  • ステージ優勝:セップ・クース(USA/Jumbo-Visma)
  • 敢闘賞:セルヒオ・サミティエル(ESP/Euskadi Murias)

4賞ジャージは変わらず。
敢闘賞には、ステージ中盤で積極的にアタックしたサミティエルが選ばれました。

第16ステージの概要

第16ステージは、タイムトライアルと第9ステージ、最終日に次いで短い144.4km。
登場するカテゴリー山岳は1級山岳と超級山岳のみです。

  • スタート:Pravia
  • フィニッシュ:Alto de La Cubilla. Lena
  • 総距離:144.4km
  • 中間スプリント地点:Campomanes(残り27.9km)
  • 山岳:San Lorenzo(1級、残り84.4km)、la Cobertoria(1級、残り44.1km)、La Cubilla(チマ・アルベルト・フェルナンデス、フィニッシュ)
  • ステージ:上級山岳
  • 開始時刻:13:28(日本時間20:28)
  • 引用元:大会公式サイト内第16ステージコース紹介ページ
引用元:大会公式サイト内第16ステージコース紹介ページ

プラビア(Pravia)からアルト・デラ・クビーリャ(Alto de La Cubilla. Lena)まで、集団は南下します。
「S」を90°回転させたようなコースです。

引用元:大会公式サイト内第16ステージコース紹介ページ

プラビアは標高60mですが、フィニッシュ地点のラ・クビーリャまでに1,630mを上ります。
最初の1級山岳サン・ロレンソ(San Lorenzo、残り84.4km)の上りが始まるのは、50km地点。
平均勾配は8.5%です。

San Lorenzo、引用元:大会公式サイト内第16ステージコース紹介ページ

サン・ロレンソを下ると、ステージは後半戦へ。
81.1km地点の補給地点を境に再び上り始め、92km地点からもうひとつの1級山岳ラ・コベルトリア(la Cobertoria、残り44.1km)への登坂が開始。
ラ・コベルトリアは2017年第20ステージでもコースの途中に登場しています。

la Cobertoria、引用元:大会公式サイト内第16ステージコース紹介ページ

ラ・コベルトリアを下ると中間スプリント地点のカンポマネス(Campomanes、残り27.9km)を上りながら通過。
カンポマネスから10kmほど進むと、いよいよラ・クビーリャ(La Cubilla、フィニッシュ)への上りへ。

La Cubilla、引用元:大会公式サイト内第16ステージコース紹介ページ

平均勾配は6.2%で、激坂と呼ぶには及びません。
しかし、ここまでタイムトライアル含めて6ステージを休息日抜きでこなし、厳しい1級山岳2カ所をクリアした脚で挑む選手にとっては、17.8kmに及ぶ長い上りは過酷そのもの。

引用元:大会公式サイト内第16ステージコース紹介ページ

ラ・クビーリャのカテゴリーは、超級山岳かつチマ・アルベルト・フェルナンデス。
通常超級山岳は先頭通過した選手に山岳ポイント15ptが与えられますが、ラ・クビーリャだけは20ptが与えられます。

このステージだけで、最大50ptの山岳ポイントを獲得できる計算です。
総合争いの行方はもちろん、山岳賞に狙いを定めている選手の動きも見逃せません。

J SPORTSの中継は20:15から!

きょうの第16ステージは、20:15からJSPORTSで中継!
2回目の休息日前で、チマ・アルベルト・フェルナンデスも登場するステージは総合争いを占ううえで必見です。

お見逃しなく!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください