Akane Ikeno

sports journarist and ...?

【Vuelta a España 2019】ETAPA08

【Vuelta a España 2019】ETAPA08

こんにちは、オーストラリア・ブリスベン在住のスポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

8/24~9/15までの間、グランツールのひとつブエルタ・ア・エスパーニャ(la Vuelta a España、以下:ブエルタ)についての記事を毎日更新中。
今日は、第7ステージのレース概要と第8ステージのコースをご紹介します。

第7ステージのレース概要

第7ステージのコースなどの情報は、こちらの記事でご確認いただけます。

【Vuelta a España 2019】ETAPA07

三日連続山頂フィニッシュの最終日となった第7ステージ。
スタート直後には30人近い大集団ができるものの吸収され、次に前に出た3人の集団も間もなく捉えられました。
17kmでレミ・カヴァニャ(FRA/Deceuninck-QuickStep)とマイケル・ストーラー(AUS/Team Sunweb)が集団から脱出すると40秒まで差をつけましたが、40km地点でメイン集団に吸収されます。

183.2kmのステージの約1/3である60kmが過ぎても逃げが決まらなかったものの、66kmでようやく8名の逃げが決まりました。

  • イエール・ワライス(BEL/Lotto Soudal)
  • フィリップ・ジルベール(BEL/Deceuninck-QuickStep)
  • セルジオ・エナオ(COL/UAE Team Emirates)
  • ステファヌ・ロセット(FRA/COFIDIS)
  • カンタン・ジョレギ(FRA/AG2R)
  • ジャンルーカ・ブランビッラ(ITA/Trek-Segafredo)
  • マイケル・ストーラー(AUS/Team Sunweb)
  • セバスティアン・エナオ(COL/Team INEOS)

それを3名の選手が追走するので、実質の逃げは11名です。

  • シリル・バルト(FRA/Euskadi Murias)
  • トーマス・マルチンスキー(POL/Lotto Soudal)
  • ウィリー・スミット(RSA/KATUSHA ALPECIN)

バルトとマルチンスキーは合流し、2人で8人を追います。

その後スミットはメイン集団に戻り、マルチンスキーとバルトは逃げ集団から下がってきたマルチンスキーのチームメイト・ワライスに引き上げられて先頭グループに合流。
逃げグループが10名になった時点で、メイン集団とのタイム差は3分44秒さに広がりました。

この日5カ所あるカテゴリー山岳のうち、約10kmおきに登場する3級山岳マリアネット(Marianet、残り89.5km)と2級山岳エスリダ(Eslida、残り78.7km)、3級山岳アルク・ディア・デヴェオ(Alcudia de Veo、残り67.5km)はすべてセルジオ・エナオが先頭通過。
この2時間は45.9km/hで推移しています。

中間スプリント地点のオンダ(Onda、残り53.2km)はワライスが先頭で通過し、ストーラーとブランビッラもボーナスタイムを獲得しています。
Movistarが牽くメイン集団と逃げ集団のタイム差は最大5分ほどまで広がりますが、逃げの10人が残り40kmに差しかかった時点でタイム差は約3分。

逃げの10人のうちマルチンスキーが残り31kmで最初にアタック。
ジルベールやセルジオ・エナオ、セバスティアン・エナオが追いかけます。
マルチンスキーに追いついたのはジルベールとセルジオで、先頭集団は3名に。

マルチンスキーが先頭グループから脱落し、セルジオとジルベールの2人に。
その後方ではMovistarが牽くメイン集団が逃げ集団からこぼれた選手を拾う一方で、登坂距離10.4kmの2級山岳サルト・デル・カバリョ(Salto del Caballo、残り22.1km)の中盤ではマイヨ・ロホのディラン・トゥーンス(BEL/Bahrain Merida)がメイン集団から遅れます。

残り27kmでロセットがメイン集団に飲み込まれるなか、メイン集団からタオ・ゲオゲガンハート(GBR/Team INEOS)がメイン集団を脱出。
サルト・デル・カバリョまで2kmでセバスティアンとブランビッラが先頭に合流します。
4つめのカテゴリー山岳サルト・デル・カバリョもセルジオが先頭で登頂し、山岳賞2位に浮上しました。

フィニッシュ地点の1級山岳マス・デラ・コスタ(Mas de la Costa)まで20kmを残し、追走していたゲオゲガンハートはメイン集団に捉えられます。
Movistarに代わってAstanaが前を牽き始めたメイン集団とセルジオら先頭2人のタイム差が1分を切ったのは、逃げグループが残り12.5kmのとき。
このときにはセルジオとジルベールだけが先頭に残っています。

残り5kmで先頭にいるのは、依然としてジルベールとセルジオの2名。
Astanaが牽くメイン集団は2人の背中を追い、タイム差は30秒を下回ります。

フィニッシュ4.1km手前から、いよいよマス・デラ・コスタへ登坂開始。
平均勾配12.3%、最大勾配25%の激坂を上り始めて0.4kmでジルベールとセルジオはメイン集団に捉えられました。
セップ・クース(USA/Jumbo-Visma)が牽くメイン集団には、総合上位勢が多く残ります。

残り3kmでナイロ・キンタナ(COL/Movistar)がペースを上げ、先頭はキンタナと新人賞ジャージのミゲルアンヘル・ロペス(COL/Astana)、世界チャンピオンジャージのアレハンドロ・バルベルデ(ESP/Movistar)、プリモシュ・ログリッチ(SVN/Jumbo-Visma)の4人に。
後方集団からラファル・マイカ(POL/BORA-hansgrohe)が抜け出して前を追い、タデイ・ポガチャル(SVN/UAE Team Emirates)がマイカを追います。

キンタナがペースを上げますが、ライバル勢を突き放せないまま残り1kmへ。
バルベルデを先頭に勾配17.5%区間に入り、残り100mでスプリントしたバルベルデがステージ優勝。
タイム差なしでログリッチが続き、ロペスとキンタナのコロンビア勢は6秒遅れでフィニッシュしました。

第7ステージ:ステージ順位

  1. アレハンドロ・バルベルデ(ESP/Movistar):4h 34′ 11
  2. プリモシュ・ログリッチ(SVN/Jumbo-Visma):+ 00′ 00
  3. ミゲルアンヘル・ロペス(COL/Astana):+ 00′ 06
  4. ナイロ・キンタナ(COL/Movistar):+ 00′ 06
  5. ラファル・マイカ(POL/BORA-hansgrohe):+ 00′ 42
  6. ヨン・イサギレ(ESP/Astana):+ 00′ 48
  7. タデイ・ポガチャル(SVN/UAE Team Emirates):+ 00′ 51
  8. ファビオ・アル(ITA/UAE Team Emirates):+ 00′ 51
  9. ジョージ・ベネット(NZL/Jumbo-Visma):+ 00′ 07
  10. オスカル・ロドリゲス(ESP/Euskadi Murias):+ 00′ 20

今大会出場176選手中最年長のバルベルデが、ブエルタ通算ステージ12勝を達成。

ダヴィデ・フォルモロ(ITA/BORA-hansgrohe)は第6ステージの落車の影響でスタートしていません。
同じく第6ステージで落車したティージェイ・ヴァンガーデレン(USA/EF Education First)は出走しましたが、第7ステージ途中でリタイアしています。

第7ステージ:総合順位

  1. ミゲルアンヘル・ロペス(COL/Astana):28h 19′ 13
  2. プリモシュ・ログリッチ(SVN/Jumbo-Visma):+ 00′ 06
  3. アレハンドロ・バルベルデ(ESP/Movistar):+ 00′ 16
  4. ナイロ・キンタナ(COL/Movistar):+ 00′ 27
  5. ラファル・マイカ(POL/BORA-hansgrohe):+ 01′ 58
  6. タデイ・ポガチャル(SVN/UAE Team Emirates):+ 02′ 36
  7. エスデバン・チャベス(COL/Mitchelton-SCOTT):+ 02′ 52
  8. ジョージ・ベネット(NZL/Jumbo-Visma):+ 03′ 34
  9. ウィルコ・ケルデルマン(NED/Team Sunweb):+ 03′ 36
  10. ファビオ・アル(ITA/UAE Team Emirates):+ 03′ 36

ロペスが再びマイヨ・ロホに返り咲きました。
ログリッチが6秒差で2位につけ、4位のキンタナまでが1分以内です。

第7ステージ:4賞ジャージ+3

  • マイヨ・ロホ(総合首位):ミゲルアンヘル・ロペス(COL/Astana)
  • マイヨ・ベルデ(ポイント賞):ナイロ・キンタナ(COL/Movistar)
  • マイヨ・デ・ルナデス (山岳賞):アンヘル・マドラソ(ESP/Burgos BH)
  • マイヨ・ブランコ(新人賞):ミゲルアンヘル・ロペス(COL/Astana)※総合1位
  • チーム優勝:Movistar
  • ステージ優勝:アレハンドロ・バルベルデ(ESP/Movistar)
  • 敢闘賞:セルジオ・エナオ(COL/UAE Team Emirates)

マイヨ・ロホはロペス、マイヨ・ベルデはキンタナが他の選手から奪い返す展開に。
敢闘賞には、ジルベールとともに残り3.7kmまで逃げ続けたセルジオが選ばれました。
第8ステージも第6ステージに続き、ポガチャルが繰り下げでマイヨ・ブランコを着用します。

第8ステージの概要

第8ステージは、バルス(Valls)からイグアラーダ(Igualada)へ向かう166.9km。
前後の激しい山岳ステージに挟まれた、総合勢にとっては束の間の休息になるステージです。

  • スタート:Valls
  • フィニッシュ:Igualada
  • 総距離:166.9km
  • 中間スプリント地点:Sant Joan de Vilatorrada(残り54.8km)
  • 山岳:Montserrat(2級、残り27.5km)
  • ステージ:中級山岳
  • 開始時刻:13:12(日本時間20:12)
  • 引用元:大会公式サイト内第8ステージコース紹介ページ
引用元:大会公式サイト内第8ステージコース紹介ページ

2013年第13ステージ以来6年ぶりに選手をお送りだすバルス。
前回は当時ネオプロ(プロ1年目)のワレン・バルギル(FRA/当時Argos-Shimano、現Arkéa Samsic)がプロ初勝利を飾りました。

引用元:大会公式サイト内第8ステージコース紹介ページ

カテゴリー山岳は2級山岳モントセラト(Montserrat、残り27.5km)のみ。
中間スプリント地点のサン・ヨアン・デ・ビラトラーダ(Sant Joan de Vilatorrada、残り54.8km)も、ステージ後半に登場。
前半は緩やかに上っていきます。

引用元:大会公式サイト内第8ステージコース紹介ページ

一度上り切ったあとは緩やかに下り、サン・ヨアン・デ・ビラトラーダへ。
サン・ヨアン・デ・ビラトラーダのおよそ1km手前から上り始め、そのまま中間スプリント地点を通過。
さらに100m以上下って標高155m地点に行き、モントセラトの7.4kmの上りで約500mを駆けあがります。

引用元:大会公式サイト内第8ステージコース紹介ページ

モントセラトを上り切ってからも、まだステージは27.5km残っています。
2級山岳を下って標高300m台に落ち着くと、アップダウンはあるものの、激しい上りはありません。
最後はやや上りながらのフィニッシュです。

J SPORTSの中継は23:00から!

きょうの第8ステージは、23:00からJSPORTSで中継!
カテゴリー山岳は1つだけですが、ステージ争いや4賞の行方にも注目です。

お見逃しなく!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください