Akane Ikeno

sports journarist and ...?

【世界一わかりやすい】ハンマーシリーズのルール覚書

【世界一わかりやすい】ハンマーシリーズのルール覚書

こんにちは、オーストラリア・ブリスベン在住のスポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

このあと日本時間25時45分から2019年のハンマー・シリーズが始まります。
いまいちルールを覚えきれていなかったり、ルールを忘れてしまったりする方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では簡単にハンマー・シリーズのルールをおさらい。
ロードレースを普段から見ている方はもちろん、ハンマー・シリーズでロードレースデビューをする方にもわかりやすく書いているので必見です!

ちなみにこの記事で使用している画像は、表以外すべてハンマー・シリーズ公式ホームページおよび公式が配信しているYouTube動画から引用しています。

ハンマー・シリーズとは

簡単にハンマー・シリーズ@HammerSeries)の概要を説明すると、Velonが提唱する新たなレースシリーズ。
UCI(国際自転車競技連盟)には属していません。

ちなみにVelonは、最上級カテゴリーのワールドツアーに分類されるチームの過半数によって設立された合弁企業。
自転車ロードレースに詳しくない方は、ツール・ド・フランスなどテレビ中継で見られるレースは基本的にUCIのレースと考えていただいて大丈夫です。

「シリーズ」というくらいなので、いくつか大会があります。
いくつかといっても3つですが。

  • 第1弾がノルウェー・スタヴァンゲルで開催されるハンマー・スタヴァンゲル@HammerStavanger
  • 第2弾がオランダ・リンブルフで開催されるハンマー・リンブルフ@HammerLimburg
  • 第3弾が香港で開催されるハンマー・香港@HammerHongKong

ハンマー・香港が終わると同時に、3大会の結果を合わせた年間チャンピオンも決まります。

2019/06/14 追記
2020年からハンマー・コロンビアの開催が決定しました!

ハンマー・シリーズ 各大会の概要

ここからはハンマー・シリーズ各大会の概要を紹介します。
どの大会もルールは同じなので、一度覚えれば大丈夫です(後述しますが、香港はやや例外)。

コースの内容は、2019年のハンマー・スタヴァンゲルを例にご紹介します。

ハンマー・シリーズはチーム戦

もともと自転車ロードレースはチーム戦の側面が強い競技。
ツール・ド・フランスの総合優勝などでは個人の名前が取りざたされますが、「チームみんなでエースを勝たせる」ために動くので、自転車ロードレースは「個人競技の皮をかぶった団体競技」といったイメージです。

ツール・ド・フランスなど一般的なロードレースでは個人成績がつきますが、ハンマー・シリーズには個人成績がつきません。
ハンマー・シリーズはチーム成績だけの、完全な団体戦です。

ひとつの大会は3日間

ひとつの大会は3日間。

初日がハンマー・クライム、二日目がハンマー・スプリント、最終日がハンマー・チェイス
この順番はどの大会でも同じです。

ただし、ハンマー・香港ではハンマー・クライムが行われないうえにハンマー・スプリントとハンマー・チェイスが同日開催されます
でもハンマー・スプリントが先でハンマー・チェイスが後という順番は変わりません。

簡単にまとめると、スケジュール感はこんな感じです。
2019/06/14 追記
ハンマー・コロンビアはスタヴァンゲルやリンブルフと同じ3日間開催です。

簡単にハンマー・シリーズの勝者の決め方を紹介すると、ハンマー・クライムとハンマー・スプリントは各チームがポイントを稼ぐレースで、ハンマー・チェイスを制したチームが最終的に優勝
箱根駅伝の「往路のレースや1区から9区までのレースもあるけど、最初に大手町に戻った大学が総合優勝」と同じです。
各レースの優勝チームも決めるので、まさに箱根駅伝でいうところの区間賞というところでしょうか。

各レースについては後述します。

チーム編成は最大7人、各レースの参加人数は5人

クライム、スプリント、チェイスの各レースの参加人数は5名。
しかし、チームは最大7名で編成可能です。

クライム、スプリント、チェイスは特性が異なるレースで選手によって得意・不得意が出るので、適性に合わせて選手を入れ替え可能。
とはいえ、少なくとも1名は3日間出ずっぱりになるので、どのコースもある程度こなせる選手を入れる必要があります。

1日目:ハンマー・クライム

ハンマー・クライムは勾配のある周回コースが舞台。
2019年のハンマー・スタヴァンゲルでは一周8.9kmのコースを9周半します。

参加選手が一斉にスタートし、各周スタート/フィニッシュ地点の通過順で10位までの選手にポイントが与えられます。
そのうち3周はポイントが倍(2019年のハンマー・スタヴァンゲルでは3周目、6周目、最終周)。

レースを終えて所属選手の保有ポイント数の合計が一番大きいチームがハンマー・クライムの勝者です。

2日目:ハンマー・スプリント

ハンマー・スプリントは、ハンマー・クライムの平坦バージョンと考えればOK。
2019年のハンマー・スタヴァンゲルでは一周9.3kmのコースを9周半します。

参加選手が一斉にスタートし、各周スタート/フィニッシュ地点の通過順で10位までの選手にポイントが与えられます。
そのうち3周はポイントが倍(2019年のハンマー・スタヴァンゲルでは3周目、6周目、最終周)。

レースを終えて所属選手の保有ポイント数の合計が一番大きいチームがハンマー・スプリントの勝者です。

3日目:ハンマー・チェイス

ハンマー・チェイスは、ハンマー・クライムやハンマー・スプリントとは大きく異なります。
周回コースを走るのは前日までと同じですが、違うのはレースが2つあること
2019年のハンマー・スタヴァンゲルでは一周16.3kmのコースを3周半します。

まず、参加している全16チームを2日目までの成績でグループAとグループBに分けます。
上位8チームがグループA、下位8チームがグループBで、グループBに選ばれた時点で大会優勝はありません(9位以下の順位決定戦です)。

グループごとに予選が行われ、グループ内首位のチームから時間差でレースを開始。
時間差は下の表のとおりで、2位と3位の差、3位と4位の差(以下略)も30秒、58秒…となるように設定されています。

箱根駅伝6区の往路成績に応じた時差スタートと同じイメージです。
各グループで一番最初にフィニッシュラインを通過したチームのうちタイムが速い方がハンマー・チェイスの勝者です。

…と書きましたが、「一番最初にフィニッシュラインを通過」が少しやっかいなので、解説します。

各チーム5名がハンマー・チェイスに出場していますが、5名のうち4番目にフィニッシュラインを通過した選手のタイムでチームのタイムが決まります
つまり、4番目の選手がフィニッシュラインに来なければ、前の3名がどんなに早くレースを終えても意味がありません。
逆に、複数チームで優勝争いをする場合は、各チーム4番目の選手は絶対にチームから遅れられません。

最終的には、グループAのレースで一番最初にフィニッシュラインを通過したチームがその大会(スタヴァンゲル、リンブルフ、香港)の優勝チームです。

年間チャンピオンは3大会の合計ポイントで決定

ハンマー・スタヴァンゲル、ハンマー・リンブルフ、ハンマー・香港の結果を合わせた年間チャンピオンは、三大会の合計獲得ポイントで決定。
各大会の上位10位に次の表のポイントが与えられるので、300pt満点で年間チャンピオンが決まります。

覚えておきたいコミッセールのフラッグ

引用元:ハンマー・シリーズ公式サイト

ハンマー・シリーズのコミッセール(競技役員)は4種類のフラッグを必要に応じて使います。

  • イエロー:最初の警告
  • オレンジ:最終警告
  • グリーン:警告オーバー
  • レッド:失格

警告または失格を告げるフラッグなのであまり見たくはありませんが、「この色はなんだっけ?」と思ったらこの記事で確認してください。

ハンマー・シリーズは楽しい!

ハンマー・シリーズは独特のルールなので、他のレースにはない楽しさがあります。
また、3日間とも周回コースなので、現地観戦をするときも移動なしで選手をたくさん見れるのでお得です。

前からハンマー・シリーズを見ていた方もこれからハンマー・シリーズを見始める方も、一緒に楽しみましょう!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください