Akane Ikeno

sports journarist and ...?

【電子書籍】自炊スペースで追加自炊しました。

【電子書籍】自炊スペースで追加自炊しました。

こんにちは、オーストラリア・ブリスベン在住のスポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

本の背表紙を裁断してスキャンしデータ化する一連の作業自炊といいます。
昨年10月に、手持ちの約230冊の本を自炊しました。

↓ そのときのことを書いたブログ2記事。
おかげさまで、どちらの記事も多くの方に読んでいただいてます!

【電子書籍】初めて230冊自炊してみた!

【電子書籍】自炊のやり方・注意点を書いてみた!

230冊をまとめて自炊してから約5カ月。
手元には紙の書籍が増え、また自炊したいと思い始めました。
内訳は、前回自炊し忘れた書籍や自炊後に購入したツアーパンフレットまで、合計12冊。

それらの本を都内のレンタル自炊スペースで自炊してきたので、今回はその様子をご紹介します!
裁断機やスキャナーを借りるほどではないけど、自炊したい本がある方におすすめです。

秋葉原の『自炊の森』に行きました

今回使用したのは、東京・秋葉原にある自炊の森です。
「秋葉原店」と「秋葉原2号店」の2店舗が秋葉原にあり、わたしは「秋葉原店」を利用しました。


都内にある自炊ブースは、わたしが確認した限り自炊の森のみ。
あとは、kinkosなどでスキャンするしかなさそうです。

自炊の森のホームページには、B6以上のサイズやカラーにスキャナーが対応しているかの記載はありませんでした。
ツアーパンフレットや雑誌をメインに自炊したいので、メールで問い合わせました。

カラースキャンにもA4版までのサイズにも対応しているとのことで、一安心。
さっそく、自炊ブースをホームページから予約しました。


予約内容はメール内にある照会画面から確認・キャンセル可能です。

キャンセルしてから再予約しないと予約変更できないので、それはちょっと面倒です。

いざ自炊の森へ

JR秋葉原駅・昭和通り改札口から、徒歩数分で自炊の森に到着。
ヨドバシAkibaに代表される電気街やAKB劇場とは、反対側の出口です。
開店と同時に入店したので、店内にはスタッフ一名以外いませんでした。
名前を伝え、早速自炊する本の重さを測定することに。

自炊の森の利用料金は、自炊する本の重さで決定
140円/100gで、100g単位で切り上げます。

わたしが今回自炊した12冊には重い本も多く、合計4,300g(切り上げ適用後)。
ギリギリで大量利用の割引が適用されました。

5,000円以上で5%OFF10,000円以上で10%OFFが適用。
割引は5,000円または10,000円を超えた部分に適用されるようです。

この通り、割引は3,600g(5,040円)を超えたところから適用されます。

裁断作業はすべて店員さんが代行してくれるので、ブースで待機します。
今回利用したスキャナーとパソコンがこちらです。

裁断が終わったら、裁断した本を店員さんが持ってきてくれます。
一冊を使って最初にお手本を見せてくれるので、2冊目以降は真似して自炊しましょう。

上に本を差し込み、スキャンされたものが下から出てきます。

スキャンされたものは、ほぼ同時にパソコンに表示されます。

ページがひっくり返って表示されるものはありませんでした。
しかし、静電気でくっついて2枚一緒に吸い込まれるエラーなどはあったので、よく確認しましょう。
トラブルが起きたときは店員さんを呼べば対処してくれるので、スキャナーやパソコンの使い方がわからなくても大丈夫です。

スキャン終了時点では、データの拡張子はJPGです。
JPGで読む人はデータを端末に移せば終了ですが、わたしはPDFに変換しました。
PDFへの変換ツールもこのパソコンに入っているので、必要なら店員さんに声をかけて使い方を教わりましょう。

PDFへの変換も終わったら、自炊したデータをUSBメモリやSDカードに移して終了。
データを移すUSBメモリやSDカードは、基本的に持参です。
自炊の森ではDVD-RとUSBメモリ(16GB)を購入可能ですが、持参したほうが無難でしょう。

セルフ自炊とスキャンブース両方を利用してみて

自炊結果はこんな感じです。

わたしはスキャナーと裁断機をレンタルしてのセルフ自炊と、今回のスキャンブースを利用した自炊両方を経験しました。

【電子書籍】初めて230冊自炊してみた!

【電子書籍】自炊のやり方・注意点を書いてみた!

今回12冊を自炊した倍の金額で230冊を自炊したので、圧倒的にセルフ自炊の方がコスパは上です。
しかし、自炊作業が楽だったのは圧倒的にスキャンブースでした。

ただ「冊数が少ないから楽」ではなく、スキャン中の手間がかかりませんでした。
セルフ自炊のときは、一冊の自炊にかなり気を遣っていました。
読み込まれたページが上下が逆になっていないかパソコンでくまなくチェックしたり、スキャナーから出てくる裁断されたページを拾ったり。
しかし、一度紙をスキャナーに差し込めば、紙詰まりや静電気による二重スキャンを検出しない限り、スキャンブースの自炊でトラブルはほぼ起きません。
上下逆さにスキャンされたページは皆無で、エラーがない前提でのチェックをする程度でした。

ブースの利用料金が本の重さで決まるので、スキャンブースの自炊は一冊だけでもそれなりの金額がかかる場合もあります。
それでも、手持ちの本をデータ化して持ち運べるのは、かなり便利です。
自炊セットをレンタルするほどではないけど自炊したいという方には、スキャンブースの利用がおすすめです。

それでは!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください