Akane Ikeno

sports journarist and ...?

【Tour Down Under 2019】Stage5

【Tour Down Under 2019】Stage5

こんにちは、スポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

1/15から1/20までの間、2019年のロードレース開幕戦となるツール・ダウン・アンダーTour Down Under)のコース紹介記事を、毎日日本時間08:00に更新しています。
前日のレースの簡単な振り返りも行うので、レースを見逃した人はもちろん、レースを見た人もおさらいとしてご覧ください。
大会公式Twitterアカウント(@tourdownunder)や公式アプリも要チェックです!

Santos Tour Down Under Tracker

Santos Tour Down Under Tracker

第4ステージを振り返り!

第4ステージを振り返りましょう!

【Tour Down Under 2019】Stage4

第4ステージ:ステージ展開

今日の逃げ集団は、スタート早々に形成された6名。

  • トーマス・デヘント(BEL/Lotto-Soudal)
  • ヘルマン・ペルンシュタイナー(AUT/Bahrain-Merida Pro Cycling Team)
  • ブノワ・コズネフロワ(FRA/AG2R La Mondiale)
  • マイルズ・スコットソン(AUS/Groupama-FDJ)
  • ヤシャ・ズッタリン(GER/Movistar Team)
  • ニック・ホワイト(AUS/UniSA-Australia)

スタートから20kmで逃げ集団から4分後ろを走るメイン集団は、CCC Teamがメイン集団を牽引。
28.9km地点の中間スプリントポイント・エチャンガ(Echunga) はホワイトが先頭通過し、ズッタリン、スコットソンと続きます。

フィニッシュまで78kmになると、逃げ集団とMitchelton-Scott、Astanaが牽くメイン集団のタイム差はさらに広がり、5分30秒近くに。
コース南方を回り終えてエチャンガを逆走する2回目の中間スプリントポイントは、逃げ職人デヘントが先頭通過。
ペルンシュタイナー、コズネフロワと続きました。

5分30秒あたりをピークに2つの集団のタイム差は縮まり、残り55kmを過ぎるころには3分前後に。
連日40℃近かったアデレードもこの日は涼しく、コースの中盤では弱い雨も見られました。

残り30kmを切るとタイム差は2分を割り、逃げ集団を追うメイン集団はやや縦長に。
逃げ集団は依然として6人がまとまり、今大会最初の1級山岳・コークスクリュー(Corkscrew)へ向かうダウンヒルに突入。
65km/hの猛スピードで下っていきます。

逃げ集団とのタイム差が1分を切るのは、レースが残り23kmを切ってから。
残り20kmを切ると、逃げ集団からデヘントとスコットソンが飛び出しますが、2kmほどで再び6人に戻りました。

再び逃げ集団が分裂したのは、レース終盤15km。
ペルンシュタイナーとスコットソンが先頭を走り、視界にとらえられる距離でズッタリンが追う展開に。
途中ズッタリンが2人を抜いて単独先頭に立つ場面もありましたが、最終的に3人の集団となってコークスクリューの登坂が始まります。


メイン集団はTeam Skyが牽引。
ラスト7.8kmでコズネフロワを吸収しました。

レミ・カヴァニャ(FRA/Deceuninck – Quickstep) がラスト7kmを前に単独で追走に。
その途中でデヘントとホワイト、ズッタリンを抜いてペルンシュタイナーとスコットソンを追います。

残り6.5kmでスコットソンがペルンシュタイナーについていけず、ペルンシュタイナーが単独先頭に。
ペルンシュタイナーもまもなくワウト・プールス(NED/Team Sky)を先頭にしたメイン集団に吸収されました。
この頃にはカバニャもメイン集団に戻っています。

プールスはリッチー・ポート(AUS/Trek-Segafredo)、マイケル・ウッズ(CAN/EF Education First Pro Cycling)、ジョージ・ベネット(NZL/Team Jumbo-Visma)とともに先頭集団を形成。
KOMはベネットを先頭に、ウッズ、ポート、プールスの順で通過し、約5kmのテクニカルなダウンヒルへ。

追走集団では、リーダージャージのパトリック・ベヴィン(NZL/CCC Team)らが8秒差で追い上げます。‏‏‏‏
残り2kmで追走集団に4選手が吸収され、再び先頭は一つの集団に。
カウンターアタックとしてマイケル・ヘップバーン(AUS/Mitchelton-SCOTT)を先頭にして、フラムルージュは20人の集団で通過。

最後の直線でルイスレオン・サンチェス(ESP/Astana Pro Team)がロングスパートを仕掛けましたが、べヴィンとダリル・インピー(RSA/Mitchelton-SCOTT)に捉えられます。
右からベヴィン、左からインピーがフィニッシュラインを駆け抜けましたが、先着したのはインピーでした。

第4ステージ:ステージ順位

ステージ優勝はディフェンディングチャンピオン。
総合系の選手が目立ちます。

  1. ダリル・インピー(RSA/Mitchelton-SCOTT):3:03:27
  2. パトリック・ベヴィン(NZL/CCC Team):+ 00:00
  3. ルイスレオン・サンチェス(ESP/Astana Pro Team):+ 00:00
  4. ルーベン・ゲレイロ(POR/Team Katusha Alpecin):+ 00:00
  5. ルーベン・フェルナンデス(ESP/Movistar Team):+ 00:00
  6. ジョージ・ベネット(NZL/Team Jumbo-Visma):+ 00:00
  7. ディエゴ・ウリッシ(ITA/UAE Team Emirates):+ 00:00
  8. マイケル・ウッズ(CAN/EF Education First Pro Cycling):+ 00:00
  9. クリストファー・ハミルトン(AUS/Team Sunweb):+ 00:00
  10. ディラン・ファンバーレ(NED/Team Sky):+ 00:00

第4ステージ:総合順位


リーダージャージは引き続きべヴィンがキープ。
トップ10のうち8選手が第4ステージのトップ10にランクインしていて、この中から今年の総合優勝選手が出てくる可能性も。

  1. パトリック・ベヴィン(NZL/CCC Team):13:23:30
  2. ダリル・インピー(RSA/Mitchelton-SCOTT):+ 00:07
  3. ルイスレオン・サンチェス(ESP/Astana Pro Team):+ 00:11
  4. クリストファー・ハミルトン(AUS/Team Sunweb):+ 00:21
  5. ライアン・ギボンズ(RSA/Team Dimension Data for Qhubeka):+ 00:21
  6. ヤン・ポランツェ(SVN/UAE Team Emirates):+ 00:21
  7. ジョージ・ベネット(NZL/Team Jumbo-Visma):+ 00:21
  8. ルーベン・ゲレイロ(POR/Team Katusha Alpecin):+ 00:21
  9. ディエゴ・ウリッシ(ITA/UAE Team Emirates):+ 00:21
  10. マイケル・ウッズ(CAN/EF Education First Pro Cycling):+ 00:21

第4ステージ:4賞ジャージ+1

ポイント賞が第3ステージ優勝のサガンから、今ステージ2位のべヴィンへ。
新人賞ジャージはステージ9位のハミルトンへ移りました。

べヴィンのポイント賞ジャージは、3位のサンチェスが繰り下げ着用。
2位のペテル・サガン(SVK/BORA-hansgrohe)はスロバキアのチャンピオンジャージを優先します。

総合首位:パトリック・ベヴィン(NZL/CCC Team)

ポイント賞:パトリック・ベヴィン(NZL/CCC Team)

山岳賞:ジェイソン・リー(AUS/UniSA-Australia)

新人賞:クリストファー・ハミルトン(AUS/Team Sunweb)※総合4位

チーム優勝:UAE Team Emirates

ステージ優勝:ダリル・インピー(RSA/Mitchelton-SCOTT)

敢闘賞:トーマス・デヘント(BEL/Lotto-Soudal)

チーム首位は第1ステージからUAE Team Emiratesがキープし続けています。

第5ステージ概要

第5ステージは、アデレード空港の少し南にあるグレネルグ(Glenelg)からストラサルビン(Strathalbyn)へ移動する、149.5kmのステージです。

  • スタート:Colley Terrace, Glenelg
  • フィニッシュ:Dawson Street, Strathalbyn
  • 総距離:149.5km
  • 中間スプリントポイント:Myponga(47.2km地点)、Inman Valley(73.9km地点)
  • 山岳:Sellicks Hill(2級:43.9km地点)
  • ステージ:-
  • 開始時刻:11:30(日本時間10:00)
  • 引用元:大会公式サイト内第5ステージコース紹介ページ

海沿いをスタートし、3.9kmで150mを上るオハロラン・ヒル(O’Halloran Hill)がいきなり登場。
そのあとは200mを30kmかけて下ります。

下りきると2級山岳セリックス・ヒル(Sellicks Hill)の上りがスタート。
勾配1.94%とかなり緩やかな上りが続きます。

セリックス・ヒルの山頂通過後3.3kmで中間スプリントポイント・マイゴンガ(Myponga)が登場。
60.9km地点のヤンカリーラ(Yankalilla)に向かって下ったあと、200m近くまで上ります。

三度目の大きな上りを下ると、5kmほどで2つ目の中間スプリントポイント・インマン・バレー(Inman Valley)が登場します。
インマン・バレーを通過したあとは海辺の街ヴィクター・ハーバー(Victor Harbor)へ。
海岸に面した道を行くことはありませんが、周囲の建物もあまり高くはないので強風には気を付けたいところです。

ヴィクター・ハーバーを過ぎてしばらくしてからは幹線道路B37に沿って、緩やかなアップダウンをこなしながら残りのコースを進みます。
ラスト2kmを切ってから直角カーブが3回(フラム・ルージュ通過後に2回)登場するので、最後まで気を緩めることはできないでしょう。

第5ステージ展望

集団スプリントに持ち込まれることが予想される第5ステージ。
ポイント賞を狙うスプリンターがステージ優勝争いの中心になるため、リーダージャージの変動はなさそうです。

スプリンター勢はウィランガ・ヒル(Willunga Hill)でのスプリントポイント大量獲得は望めないため、絶対にこのステージは勝ちたいところ。

現在ポイント賞ジャージを獲得しているべヴィンのスプリントポイントは48ポイント。
べヴィンが第5ステージでスプリントポイントを獲得しないとして、1位のときにポイント賞首位に立てるのはこの3名。

  • サガン:36 pt
  • サンチェス:35 pt
  • エリア・ヴィヴィアーニ(ITA/Deceuninck – Quickstep):34 pt

集団スプリントが予想されるため、基本的にタイム差がつきにくいとはいえ、終盤の落車やメカトラブルなどは致命傷になりかねません。
総合勢もポジショニング含めて最後まで気が抜けない149.5kmになります。

最後に

きょうの第5ステージは、11:30からJSPORTSで中継!
明日のブログは08:00に更新します。

どちらもお見逃しなく!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください