Akane Ikeno

sports journarist and ...?

【電子書籍】初めて230冊自炊してみた!

【電子書籍】初めて230冊自炊してみた!

こんにちは、スポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

このたび、手持ちのほとんどの書籍を電子化(自炊)しました!
書籍のまま手元に残したのは、一眼レフのマニュアル本くらい。

今回は、代行業者を利用せず自炊を選んだ理由や、わたしが利用した裁断機・スキャナーのレンタル業者、裁断ノウハウについてご紹介します。
(記事で言及している価格やプランは、わたしが自炊した2018年10月現在のものです)
電子書籍化すれば、これだけ部屋がすっきりするんです!

これが今回自炊した本すべて(230冊)
指紋ベタベタですが、反射防止のフィルムを貼っています。

この8インチタブレットに230冊が入っていると思うと、すごいですよね(わたしの部屋の本棚3段分が空きました)。

自炊の一番のきっかけは、必要に迫られたこと

2019年からの海外移住を、わたしはかねてから公言しています。
そのため、この記事を執筆している2018年10月現在、日本での残り期間が少しずつ減っている状況です。
将来的にどうなるかはわからないものの、今現在の予定では完全に移り住む予定なので、いわゆる「断捨離」に時間を費やす日々。

その中でも処理の仕方に頭を悩ませていたのが、200冊以上ある本。
会社員時代に勤務先から配られた資格試験対策本や学生時代の教科書、スポーツ誌や漫画など、ジャンルも多岐にわたります。

いま手元にある本は海外に持っていきたいものも多かったので、思い切って自炊しました。

代行を選ばなかったんじゃなく、選べなかった

自炊をするとき、大きく分けて3つの方法があります。

  1. 裁断:業者に委託、スキャン:業者に委託
  2. 裁断:業者に委託、スキャン:自分で行う
  3. 裁断:自分で行う、スキャン:自分で行う

「3. 裁断:自分で行う、スキャン:自分で行う」という形で、わたしは自炊しました。

「自炊する時間がもったいないから業者に代行してもらおう」と思って最初は調べていましたが、最終的には自分でやることに。
その理由は、手持ちの漫画の2/3が電子書籍化反対の作者だったから。

著作権法では、私的利用を目的とした著作物の複製は禁止されていません(著作権法30条1項・私的複製)。
しかし、代行業者に依頼しての自炊は私的複製の範囲を超えているので違法という判決が出ています。
(恐らく判例はこれです。最高裁は自炊代行業者の上告を受理しませんでした)
電子書籍化されている本に関しては問題ないものの、電子書籍化反対の作者の本を代行業者が自炊するのは無許可になるのです。

このような理由から、代行業者を介さずに私的利用を目的とした複製をする必要がありました。

手持ちの漫画134冊のうち、89冊の作者が電子書籍化に反対。
わたしは作者買いをする傾向にあるので、自炊に関しては完全に裏目に出ました。

スキャレンで裁断機とスキャナーをレンタル

断捨離目的で自炊をするので、裁断機やスキャナーを購入するのは言語道断。
そこで、今回はスキャレンで裁断機とスキャナーをレンタルしました。

さまざまなプランがありますが、大型自炊セット7というプランをわたしは選択しました。
裁断厚37mmの大型裁断機とスキャナーを7日間レンタル(8泊9日)できるプランです。

スキャレンで大型自炊セット7を利用した理由は、次の3つ。

  • スキャレン7日間プランは実質9日間レンタル可能
  • 裁断厚37mmの裁断機はスキャレンだけ
  • 競合他社では借りたい日程でのレンタルができなかった

日程の問題はタイミングとしか言えないので、上の2つの理由について解説します。

スキャレン7日間プランは実質9日間レンタル可能!

このプランのメリットは、「7日間レンタルに裁断機とスキャナーの到着日・返却日が含まれていないこと
たとえば10/01に裁断機とスキャナーが届くとすると、7日間レンタルの1日目は10/02。
7日間レンタルの7日目は10/08で、返却(=裁断機とスキャナーの集荷)は10/09です。

スキャレンの競合でわたしも最後まで迷ったDMMいろいろレンタルは、到着日からカウントして最終日の17:00までに返却する必要があります
同じように7日間で借りようとすると、10/07の17:00までに裁断機・スキャナーを返却しないといけません。

ちなみにDMMいろいろレンタルの一番大きい裁断機を9日間レンタルすると11,080円。
スキャレン大型自炊セット7は8,980円なので、土日や仕事終わりの数時間でしか自炊できない人にはスキャレンがおすすめです。

スキャレンには1ヶ月裁断機とスキャナーをレンタルできる大型自炊セット30(31泊32日)というプランもありますが、こちらはなんと10,480円
レンタル期間は三週間も違うのに、一週間レンタルとの差額はわずか1,500円です。
自炊したい本は大量にあるのに時間がない方には、迷わずスキャレンでの自炊キットレンタルをおすすめします。
(※ 同じようにDMMいろいろレンタルで30日間借りる場合、レンタル代は25,620円)

裁断厚37mmの裁断機はスキャレンだけ

わたしがスキャレンに決めた理由として大きかったのは、37mmの裁断厚
裁断厚とは、簡単に言えば1回の裁断でどれくらい厚いものが裁断できるかを示すもの。
つまり、裁断厚が大きければ大きいほど、分厚い本も分解せずに裁断できます。

「37mmの裁断厚」というのはかなり大きくて、レンタルできるのはスキャレンだけ。
英語の単語帳や文法の本、漫画の完全版は分厚いので、他社でレンタルできる裁断機では細かく分解する必要がありました。

一番分厚い本は約3cmでしたが、それも1回で裁断できたのが大きなメリットです。
(※「本が分厚すぎると裁断面が斜めになる」という口コミを見たので、分厚めの本は分割しました)

分厚い本も一度に裁断できる裁断機を使えば、わざわざ本を分割する手間が省けるので、それだけ作業が楽になります。
大型裁断機のデメリットは、かなり重いこと。
裁断機だけで約17kgあるので、取り扱いには注意が必要です。

ちなみにスキャナーは、富士通のScanSnap iX500
これはスキャレンとDMMいろいろレンタル共通でした。
「他を貸し出している業者を見たことない」というくらい、スキャナーはどこもScanSnap iX500 ばかり(裁断不要のスキャナーは除く)。
最近富士通から新モデルのスキャナーが発表されたので、近いうちにレンタル品も最新モデルになるかもしれません。

スキャレンにもデメリットはある

ここまでは、スキャレンのメリットまたはDMMいろいろレンタルのデメリットを書いてきました。
しかし、スキャレンもメリットだけではありません。

スキャレンでは、予約時点で希望日にレンタルできるかわかりません

DMMいろいろレンタルでは、裁断機・スキャナーセットのレンタルページにあるカレンダーでどの日にレンタルできるかを確認できます。

ちょうど予約不可の期間と、わたしのレンタル期間が重複しています。

それに対し、スキャレンでは予約時点では希望日にレンタルできるかわかりません。
申し込んだあとに届くメールを見て、ようやくレンタルの可否がわかります。

ちなみに、わたしのときは申し込みから予約可能メールが届くまで約1時間でした。
わたしが申し込んだのは日曜日だったので、平日はもっと返信が早いかもしれません。

実際に自炊してみた

実際の自炊方法や苦労話は次の記事に書くとして、わたしは230冊を6日で自炊。
(裁断、スキャン、回転・前後したページの修正までを自炊とカウントしています)
下の記事に詳しく書きましたが、本によってはレタッチ作業も発生しました。

【電子書籍】自炊のやり方・注意点を書いてみた!

スキャレンから届いた段ボールの写真を撮り忘れましたが、かなり大きいサイズで届きます(同封されていた返送用の送り状に記された集荷サイズは140)。
開封した時点でこのような感じです。
返却時に同じようにしまうための手順を書いた紙が同封されているので、返却時の心配は不要です。
(右の段ボールには、スキャナーのコードやお手入れキット、ホチキスの芯外しなどがあります)
裁断機はこんな感じ。
A4まで裁断可能で、かなり大きいです。
スキャナー単体の写真は撮り忘れましたが、こんな感じで使います。
ちなみにスキャナーの後方に写っている繭玉は、コードなどが入っていた段ボールに入っていた緩衝材です。
(この写真で使用中のシートは次回の記事で紹介します)

ここからは6日間でどれだけ自炊したかを、日ごとにご紹介します。
ちなみに初日と3日目以外は、業務連絡しか仕事をしていません。

レンタル初日の自炊量。雑誌を中心に自炊しました。
2日目。地球の歩き方や文庫本も自炊しつつ、漫画の自炊も開始。
3日目だけはどうしても原稿作業をしないといけなかったので、自炊量は少なめ。
4日目に自炊したのは好きな作品ばかり。
「確認」と称して読んだので、所要時間の割に作業は進まず…。
5日目は分厚くて1回で裁断できない漫画の裁断。
『AKIRA』の側面の色が反映されないのが悲しい…。
IELTS単語帳は付箋を外すのに手間取って、そのほかの3冊はA4以上でスキャナーに入らず
「A3キャリアシート」というものが必要でした。

きれいにスキャンされているかの確認で、自炊中はついつい作業が止まりがちになります。
結果的に7日間レンタルのところ6日で作業を終えたのでよかったものの、時間に余裕がないとかなり大変です。
上下逆にスキャンされるページも少なくないので、読みふけるかどうかは別として、ページ確認はした方がいいでしょう。

タブレットは最新のFire HD 8

タブレットは2018年10月4日に発売されたばかりのamazon Fire HD 8(32GB)
8インチタブレットを10,980円で購入できると思うと、かなりお得です。
Fire HDは8インチのほかに、7インチと10インチがamazonから発売されています。
持ち運びの利便性と大きな画面で読むことの両方を譲れず、折衷案的に8インチを購入。

ちなみに、amazonから発売されている電子書籍専用端末「Paper White」を購入しなかった理由はただ一つ、カラー表示できないから
本当はもっと早く自炊をしたかったのですが、Fire HDの8インチが発売されるのを待った結果、10月上旬まで先延ばしになりました。

Fire HDの容量は7インチで8GBと16GB、8インチで16GBと32GB、10インチで32GBと64GBから選択可能。
8インチの32GBをわたしは購入しましたが、128GBのSDカードを入れて拡張しています。

これからあらゆる雑誌や漫画などを購入することを考慮し、128GBもいらないと思いつつ念のため。
128GBのSDカードを安く購入しようとすると、ニセモノや不良品を掴まされる懸念もありました。
しかし、「Amazonで販売・発送をしているものなら安全かな」と判断し、TranscendのSDカードを購入。
今のところ、まったく問題なく使用できています。

ちなみにケースはこちらを購入。
Amazon段ボールデザイン!
普通のシンプルなものにしようと思ってAmazonを物色していたところ、一目惚れして購入。

「OPEN」のところを折れば、自立させられ。
これを親に見せたところ、「矢印から破りたくなる」と言われました。笑

使い勝手は悪くありません(スマホカバーを使用していないので、比較はできませんが…)。

結論:書籍を自炊するといいことづくめ!

最後に自炊してみた感想を。

トータル60.9kg

自炊はひたすら単純作業で手間も時間もかかりました。
しかし、かかった手間以上に本を置いていたスペースを有効活用できる嬉しさの方が大きいです。

漫画や小説、仕事の資料本などたくさんの本を持っている方は、この比ではないはず…。

部屋のスペースが空くのもメリットですが、最大のメリットは何百冊の本を8インチ端末ひとつにまとめられること。
本を持って移動するときにタブレット端末以外の持ち物は増えないし、漫画や小説の続きもすぐに読めます。
「こんなに待ち時間があるなら他の本も持ってくればよかった」と思うこともありません。

明日更新の記事で、詳しい裁断の様子をお届けします。

【電子書籍】自炊のやり方・注意点を書いてみた!

それでは!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください