Akane Ikeno

sports journarist and ...?

, …

【オーストラリア旅行記2017 7/8】旅行最終日、まさかの前科持ちに!?

【オーストラリア旅行記2017 7/8】
旅行最終日、まさかの前科持ちに!?

こんにちは、スポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

去年の11月のオーストラリア旅行についてのブログ第7弾です。
今回はメルボルンのカフェモーニングから始まり、旧メルボルン監獄や昼間のクイーン・ビクトリア・マーケット、カジノに行ったりしたオーストラリア最終日についてご紹介します!

前回の記事はこちらです!

【オーストラリア旅行記2017 6/8】グレートオーシャンロード編!カンガルー肉の味は?

旅程と目的

旅程

  • 2017.11.18 羽田空港発
  • 2017.11.19 シドニー着
  • 2017.11.20 Symbio Wildlife Park
  • 2017.11.21 シドニー発
  • 2017.11.22 メルボルン着
  • 2017.11.23 グレートオーシャンロード
  • 2017.11.24 メルボルン発
  • 2017.11.25 羽田空港着

今回の旅行の最大の目的は、留学で一年間メルボルンにいる妹に会うこと。
(妹は4月に渡豪、翌2月に帰国したので、わたしが会いに行ったのは留学期間の2/3が終わったころでした)

両親も行きたがっていましたが、仕事の折り合いなど諸事情によってわたしひとりで行くことに。
春に渡豪した妹に夏服などを届けるため、一週間の滞在ながらふたつのスーツケースを持っていきました。

メルボルンのおしゃれカフェでモーニング

メルボルンはカフェの街。
都心のスターバックスで大学入学当初からバイトしていた妹が、カフェ事情に詳しくないはずがなく…。

ということで、最終日はおすすめのカフェに連れて行ってもらいました。天井に吊るされた椅子が目を惹くこのカフェ。
このインテリアはSNS映え抜群で、朝早くから多くの人で賑わっていました。

撮影:妹。

左側にわたしが注文したものがあります。
さすがに何を頼んだのか覚えていませんが、美味しかったです。

Brother Baba Budan

  • 月~木:07:00~17:00、金・土:07:00~20:00、日:08:00~17:00
  • 359 Little Bourke Street, Melbourne VIC 3000

ストーカー容疑で収監されました。

朝ご飯を食べたあとは、私の希望で旧メルボルン監獄(Old Melbourne Gaol)へ。

外観はこんな感じ。

わたしの地元にも刑務所があるので、ちょっとだけ親近感を覚えます(嘘)。
日本語のパンフレットもあります(※スマホのインカメなので画質粗めです)。
なかは広く、各独房に入ると展示があります。
実際に収容された囚人でも特に悪名高いネッド・ケリーという囚人の展示が多めです。

わたしです。

随時行われる留置所体験ツアーに、わたしたちも参加。
参加人数は30人ほど。

男女別で一列に並ぶよう命令されたあと、留置所職員に扮したスタッフが何人か選び、カードを手渡していきます。
そのカードはわたしの手元にも。
カードには英語でいろいろ書いてあります。

一通りカードを渡し終えると、スタッフがカードを持った人たちに質問していきました。
どうやら、カードをもらった人は囚人役になるようです。

ついにスタッフはわたしの元に。
質問事項に対する答えをカードから見つけ、読みあげていきます。
スタッフ「名前は?」
わたし「※忘れたけど、英語の名前」

スタッフ「罪状は?」
わたし「ストーキング!」(※他の参加者、笑う)

スタッフ「逮捕された場所は?」
わたし「オリンピックパーク!」

こんな感じでした。
アジア系はわたしと妹しかいなかったので目立ったのだと思いますが、わたしが選ばれたのは運でしょうか。
それともストーカー気質を感じ取ったのでしょうか…。笑

ちなみにカードの読み上げのくだり以外は、ほかのツアー参加者と同様に留置所を見学します。
ツアー終わりに「もうストーカーはやめなよ」ってスタッフに言われたのもいい思い出です(※カードは回収されます)。

Old Melbourne Gaol

  • 09:30~17:00(※クリスマスとグッドフライデーを除く)

入場料

  • 大人:$28
  • 割引:$23
  • 小人:145(5~15歳)
  • ファミリー(大人、小人各2人):$65
  • 大人1人のファミリー(大人1人、小人2人):$48
    ※ファミリーの3人目以降は小人1人につき$5追加

 

  • 377 Russell Street, between Victoria & La Trobe St, Melbourne Victoria 3000

昼間のクイーン・ビクトリア・マーケットへ出陣!

メルボルン初日にナイトマーケットに行きましたが、今回は昼間のマーケットへ。
ナイトマーケットの様子は下の記事でご覧いただけます。

【オーストラリア旅行記2017 5/8】メルボルンのクリスマス&初めての夜市

※ナイトマーケットの看板出ていますが、昼間です。
左からOrica–GreenEDGE(2013年)、アルカンシエル、イタリアチャンピオンジャージ?、ベルギーチャンピオンジャージ?、BMC

入口すぐの上の窓辺に、見覚えのあるものが…。
恐らくBMCはローハン・デニスやリッチー・ポートらオーストラリア籍の人気選手が在籍している影響でしょう。
ちなみにアルカンシエルは、マイケル・ロジャースがITTで3連覇(2003~2005年)、個人ロードではカデル・エヴァンス(2009年)が獲得しています。

脱線するのでここまでにして、クイーン・ビクトリア・マーケットの紹介に戻ります!最初はアーケード内を散策。
色々なお店が並んでいます。

日本ではなかなか見ない食べものがたくさん。

しばらく進むと、ナイトマーケットが行われていたエリアへ。ナイトマーケットのときには気づきませんでしたが、マーケット内にもクリスマスムードが漂います。 いかにもマーケットらしいフルーツ売り場。
右側のリンゴの”PINK LADY”という銘柄は、シドニー初日の夜に飲んだアルコールに使われていました。

【オーストラリア旅行記2017 1/8】初めての南半球一人旅!

小さな子供がいたら買って帰りたい(?)コアラやカンガルーのグッズも充実。アボリジニ系のお土産も。なぜマトリョーシカがあるのかは、最後までわかりませんでした。

Queen Victoria Market

営業日・営業時間は売り場によって異なります。
ナイトマーケットは水曜開催なので、月曜のみ完全休業です。

  • Corner of Elizabeth & Victoria Streets, Melbourne 3000

 クリスマスアイテムがすごすぎるAmbiance Gifts

クイーン・ビクトリア・マーケットの近くのツリー。

クイーン・ビクトリア・マーケットを出たあとは、街の中心へ向かってぶらぶら歩いていました。
すると、とても気になるお店が。
ただでさえクリスマスムード漂うメルボルン中心部でひときわクリスマスな雰囲気が出ているこのお店に入ってみました。

妹もにっこにこです(わからない)。

店内は色ごとに場所が統一されていて、とてもかわいい。

ちなみにこのお店はクリスマスグッズ専門店ではありません。
クリスマス以外の時期の内装はこのままなのでしょうか?
ぜひ現地で確かめてみてください!

Ambiance Gifts and Furniture

  • 日~金:09:00~17:00、土:08:30~16:00(祝日は休業日)
  • 509-511 Elizabeth Street, Melbourne VIC Australia 3000

中もすごい!ビクトリア州立図書館へ

初日に行こうとしたものの、時間がなくて諦めたビクトリア州立図書館へ。
歴史を感じる外観は、とても図書館に見えません。
このチェスもこの図書館の名物です。
中はこんな感じ。
日本の公立図書館に、この規模の建物はあるんでしょうか。
学生時代から勉強するために図書館に行く習慣が一切ないわたしですが、ここなら通ってみたいかも。

ビクトリア州立図書館(State Library of Victoria)

  • 月~水:図書館は10:00~21:00、ギャラリーは10:00~18:00、木:図書館・ギャラリーともに10:00~21:00、金~日:図書館・ギャラリーともに10:00~18:00
  • 328 Swanston St, Melbourne VIC 3000

メルボルン最後の食事はボロネーゼ

この日の夜ご飯は機内食を予定しているので、お昼ご飯がオーストラリアで最後の食事。
最後も妹おすすめのボロネーゼを食べに行きました。中は2列のカウンター席。
ちょうどお昼時でスーツのビジネスマンも多く、混雑していました。ドリンクはスイカジュース。
ボロネーゼを頼むと、バターが真ん中に塗られたパンがついてきます。
ふたりでシェアしながらおいしくいただきました。

Pellegrini’s Espresso Bar

  • 月~土:08:00~23:30、日:12:00~20:30
  • 66 Bourke St, Melbourne VIC 3000

人生初のカジノへ!結果は…?

お昼ご飯を食べ終え、手持ちのお金を見ると現金は$5紙幣のみ。

せっかくなので、高級ホテル・クラウンホテル内にあるクラウンカジノで遊んでみることに。
クラウンカジノはオーストラリア最大級のカジノだそうです。

クラウンホテルの入り口。

人生初のカジノということでどきどき。
カジノはこんな感じ。
パスポートで年齢確認をして、中へ入ります。
漫画や映画でしか見たことない世界が広がっていてわくわく。
日本のパチスロ屋さんとはやはり雰囲気が違います。
迷った結果、このスロットで遊ぶことにしました。

妹撮影。顔が真剣すぎる…。

スロットで遊んだ結果は…?
この$5紙幣が…¢70コインに(¢50コイン、¢20コイン各1枚)!
小さな当たりが出たものの、結果的に$4.30のボロ負け。
ビギナーズラックならず。

当たりが出るとマシンから引換券がでるので、ここへ持って行って換金します。

Crown Casino

  • 24時間営業
  • Crown Entertainment Complex 8 Whiteman St, Southbank, Melbourne, Victoria 3006

最後はヤラ川のほとりでビール!

ここ2日間は毎日ビールを飲んでいるわたしたち姉妹。
最終日は夜ご飯を一緒に食べられないので、クラウンカジノからほど近い川を間近に臨むカフェへ。
この階段を下った先に席と注文カウンターがあります。
最後もビールを持って乾杯!
奥のブリッジもクリスマス仕様にデコレートされています。

Ponyfish Island Café

  • 11:00~遅くまで
  • Kiosk Southbank, Pedestrian Bridge, Southbank VIC 3006

メルボルンと妹とお別れ。空港へ…。

いよいよ妹とメルボルンとお別れのときが。
自分の荷物や家族・仕事先へのお土産を詰めたスーツケースと、妹の冬服を詰めたスーツケースを持って、いざサザンクロス駅へ。

サザンクロス駅から空港直通のシャトルバス・SkyBusに乗ってメルボルン国際空港へ向かいます。

ギリギリまで妹がスーツケースを持ってくれています。

これがわたしが乗ったスカイバスです。
フリーWi-Fiがあると書いてあるんですが、うまく接続できませんでした。

スカイバス(SkyBus)

  • 24時間運航/メルボルン国際空港行は10分~30分間隔
  • ※ 荷物の持ち込み基準は搭乗予定の飛行機の基準に順じます。
  • 片道$19

これでオーストラリア国内のことはすべてです。

明日のまとめ記事では、日本とオーストラリアを往復した飛行機や、2日目のシドニー街歩きについてご紹介します。

お楽しみに!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください