Akane Ikeno

sports journarist and ...?

, …

【オーストラリア旅行記2017 2/8】Symbio Wildlife Parkについて詳しく紹介!

【オーストラリア旅行記2017 2/8】
Symbio Wildlife Parkについて詳しく紹介!

こんにちは、スポーツライターのAkane(@akane_ikeno)です。

去年の11月のオーストラリア旅行についてのブログ第2弾です。
今回はシドニー郊外の動物園・シンビオ・ワイルドライフパーク(Symbio Wildlifepark)へのアクセスやパーク内についてご紹介します!

前回の記事はこちらです!

【オーストラリア旅行記2017 1/8】初めての南半球一人旅!

旅程と目的

旅程

  • 2017.11.18 羽田空港発
  • 2017.11.19 シドニー着
  • 2017.11.20 Symbio Wildlife Park
  • 2017.11.21 シドニー発
  • 2017.11.22 メルボルン着
  • 2017.11.23 グレートオーシャンロード
  • 2017.11.24 メルボルン発
  • 2017.11.25 羽田空港着

今回の旅行の最大の目的は、留学で一年間メルボルンにいる妹に会うこと。
(妹は4月に渡豪、翌2月に帰国したので、わたしが会いに行ったのは留学期間の2/3が終わったころでした)

両親も行きたがっていましたが、仕事の折り合いなど諸事情によってわたしひとりで行くことに。
春に渡豪した妹に夏服などを届けるため、一週間の滞在ながらふたつのスーツケースを持っていきました。

Symbio Wildlife Parkとは?

シドニーとウロンゴンの中間で、ロイヤル国立公園に隣接した場所にある動物園。
シドニーの中心地からは1時間30分くらいかかります。

Symbio Wildlife Park

  • 7-11 Lawrence Hargrave Dr, Helensburgh NSW 2508
  • 09:30~17:00 ※クリスマスを除く

入園料

  • 大人:$34.00
  • 小人(3~15歳):$19.00
  • 学生:$32.50
  • 割引:$32.50
  • シニア:$27.50
  • ファミリー(大人2名、小人2名):$94.00

Symbio Wildlife Parkへの行き方

シドニーでの移動の拠点となるセントラル駅(Central)から説明を始めます。

※ 今回紹介している運賃や時刻表は、この記事の初回更新時・2018年9月21日現在の情報です。
この記事の情報を頼りにSymbio Wildlife Parkへ行かれる方は、必ず最新情報をご確認ください

1. South Coast Line・Helensburgh駅まで電車に乗る

日本ではなかなか見ない2階席に、海外では積極的に乗ります。地下席も好きです。

まずはサウスコーストライン(South Coast Line)でウロンゴン方面の電車に乗ります。

6つめのヘレンズバーグ駅(Helensburgh)で下車。
乗車時間は約55分、運賃は$4.73です(大人料金)。

ヘレンズバーグ駅。駅周辺には何もありません。

降りたら15番のバスに乗り、Temple Rd after Walker Stのバス停でバスを降ります。
バスの乗車時間はだいたい10分から15分で、運賃は大人で$3.66です。

15番線の詳細はTransport NSWのホームページで確認できます。

往路時刻表(必ず最新版をご確認ください

勝手に時刻表に色をつけました(オレンジが乗車駅、水色が下車駅です)。

一目瞭然なのが、帰りのバスの少なさ。
平日は16:24、土日祝日は17:02に最終バスが出発予定なので、閉園は17:00ですが公共交通機関を利用するなら閉園まではいられません。
徒歩で駅まで戻る強硬手段もありますが、ヘレンズバーグ駅まで22のバス停があるので、長距離を歩く覚悟が必要です。

復路時刻表(必ず最新版をご確認ください

Symbio Wildlife Parkへ行くバスは出ていないものの、Symbio Wildlife Parkから駅へ向かうバスは出ているようです。

復路の時刻表でお気づきの方もいらっしゃると思いますが、Temple Rd after Walker St駅とSymbio Wildlife Park, Lawrence Hargrave Dr駅とともに並んでオレンジ線が引かれているWalker St opp Ganesh Temple駅について。


往路で下車するTemple Rd after Walker St駅と道を挟んだところにある駅です。
日本でも逆方向のバス停が道を挟んだところにあるのと同じで、ただでさえ本数が少ないので逆方面のバス停で待たないように気をつけましょう。
バス停に立つと寺院に背を向けるのが往路で、バス停に立つと寺院が見えるのが復路です。

2. バスに乗る

いよいよバスに乗ります。
オーストラリアのバスは、電光掲示板がないのが一般的
そのため、Google Mapなどで停車駅を常に気にしなければいけません。

じつはわたしは往路で下車駅をスルーしてしまい、運転手さんに戻っていただきました(※戻ってもらった時点で乗客はわたしだけ)。
運転手さん、ありがとうございました。

ヒンドゥー教の寺院です。

このGanesh Templeが下車の目印です!
帰りは終点までバスに揺られていればいいので、往路よりバスの車中でもゆっくりできます。

3. 歩く

バス停。復路のWalker St opp Ganesh Templeだったと思います。

ここからは15分くらい歩きます。

バス停に着いてすぐは一本道。
ひたすら道なりに歩きます。

歩いていると、この看板があるT字路に行きつきます。
ここを右折して、再び一本道を道なりに。しばらく行くと、左手にようやくSymbio Wildlife Parkが見えてきます。
バス停からの所要時間を15分として、看板のT字路までが5分、T字路を過ぎてからが10分くらいです。

入口の看板を見つけたら左へ進みます。左のドアをくぐると入場ゲートがあります。
入り口前のトラの看板の下に入園料が書いてあるので、確認して支払いましょう。

園内では珍しい動物にたくさん会える!

ここからは園内の動物の写真を中心にご紹介します。
かなり写真を減らしたつもりでしたが、20枚以上…。笑

日本では動物園に行かないし、初めて実物を見る動物もいたので楽しかったです!

タスマニアンデビル。小さくてかわいい。

最初は小動物のコーナー。
子ザルなど、テレビでもあまり見かけない動物がたくさんいます。

レッサーパンダの紹介が書いてある看板には「絶滅危惧種(ENDANGERED)」の赤い字が。

恥ずかしながらレッサーパンダが絶滅危惧種なんて知らなくて、びっくりしました。

ゴールデンライオンタマリンはこの日はまだ会えず。
この日が11/20だったから、一週間後だったら会えたのでしょうか…?

そういえばゴリラはいなかったです…。

佇まいが美しい…。

鳥類は割と好きなので、写真の選定に時間がかかりました。
そして去年の自分の写真の下手さに驚く…。

クジャク。やっぱり色が美しい。

オーストラリアにしかいない動物にも会えました。

オーストラリアガマグチヨタカ(Tawny Frogmouth)。
フクロウ目だけどフクロウではないらしいです。

オーストラリアガマグチヨタカ、この目がかっこいい…。

キキョウインコ(turquoise parrot)。生息地はオーストラリア南東部

羽の色がきれいなインコ。
「動物園とインコ」にはちょっとしたトラウマがあるわたしですが、15年越しの目標達成。

オオハナインコ(eclectus parrot)。
Wikipedia日本語ページがないくらい、日本ではマイナーな鳥

2羽とも同じオオハナインコですが、オスが緑でメスが赤。

Symbio Wildlife Park最大の目的!!!

コアラ!!!

もふもふで実物はもっとかわいい

一緒にコアラと写真を撮れるイベントにも参加しました。
州の決まりで抱っこはできませんが、撮影後に背中を撫でられます。

写真はこんな感じで台紙に入れてくれます。
お金を払ったあとに引換券をもらえるので、帰りにお土産屋さんで受け取りましょう。

ちなみに料金は1人で$20、2人で$35、3人で$50(最大4人まで一緒に撮影可能ですが、4人の料金はホームページに記載なし)。
時間帯によっては、レッサーパンダやチーターとも写真を撮れるみたいです!

そして、カンガルーの放し飼いエリアへ…。

コアラと並ぶオーストラリアの二大シンボル・カンガルーが放し飼いになっているのも、Symbio Wildlife Parkの魅力!

シャッタースピードが1/250になってて「そりゃブレるわ…」と思いながら現像した一枚。笑

20~30匹のカンガルーが放し飼いになっていて、みんな写真を撮ったりエサをあげたり。

親子で同じポージング

ヤギ・ヒツジもたくさん

ヤギ。

ヤギは屋内外に、ヒツジも屋内にたくさんいました。
日本の動物園だとひとつの動物園につき数頭しかいないので、オーストラリアらしいなと。

この鋭い眼光が好きで選んだ一枚。

初めて本物を見ましたが、黒いヤギはかっこいい。
もちろんヒツジも。

閲覧注意?爬虫類(※この後も他の動物の写真あります!)

わたしは特に爬虫類にも抵抗がないので、爬虫類ゾーンもしっかり見てきました(※特別好きというわけではない)。
写真もそれなりの枚数を撮り、載せたいのもかなりありましたが、苦手な人も多いので二枚に厳選!

まだトラなど続きがあるので、苦手な方はスクロールで飛ばしてください!

ワニ。イラストの影響でワニ=グリーンのイメージがあったので、見つけるの苦労した記憶

「特別好きではない」と前置きしたものの、赤ちゃんアリゲーターやヘビと写真撮影できたら参加したいと思ったので、爬虫類好きかもしれません。

フトアゴヒゲトカゲ(Central bearded dragon)

動物の紹介ラスト!大きめ哺乳類

最後にご紹介するのは、動物園でしか見られないような大型哺乳類。「ラクダじゃないし、馬でもない。何…?」と思っていたら、アルパカでした。
夏なので毛刈りをした後だったようです。

カメラ目線がかわいいチーター。

スマトラトラは寝ていてもかっこいい…。

園内のフードメニューで昼食

園内を全部見るまで、お昼ご飯を摂りませんでした。
バス停まで歩く時間を考慮しても15分ほど昼食時間がとれそうだったので、園内で軽く済ませることに。ポスターが貼ってある柱の上のパイのイラストの近くにある「CHEESE + SPINACH ROLLS」を注文($5.95)。

温めてもらい、チーズもトロトロでおいしかったです。

おまけ バスの待ち時間で寺院へ

復路のバス停に着いたところ、バスの到着まで時間があったので、目の前の寺院に寄りました。

全体像はこの記事の前半に載せたので割愛。

ヒンドゥー教圏への旅行経験がないので、ヒンドゥー教の寺院を見るのは初めて。

注意事項もあります。
中では写真撮影禁止なので、注意しましょう。

土足禁止エリア。

時刻表を紹介したときにもお伝えしましたが、Helensburg駅へ向かうバスの本数が少ないので、バスの時間を計算したうえで動物園内のスケジュールを立てましょう!
タイミングを逃すと1時間30分くらい待たないといけないので、バス停に早めに着いて寺院見学を予定するくらいがちょうどいいと思います。

わたしは14:00前のバスで帰り、午後はロイヤル・ボタニックガーデン&ドメイン(Royal Botanic Gardens & The Domain)に行きました。
この公園にはハーバーブリッジとオペラハウスを1枚の写真に収められる撮影スポットがあるので、曇り空でしか写真を撮れなかった前日のリベンジを。

午後のシドニー街歩きの様子は、最後に更新するまとめ記事で公開予定です。

それでは!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください